モーレンコーニング: 父親と二人の息子の 物語

ヨス・デ スワートは深く馬を愛する人でした。
彼が18歳の時に初めて自分の馬を持ちました。それは家族からの影響ではなく、動物が自分に語りかけてきたからでした。
彼は真っ先に心を奪われた、ダッチハーネスホースを知りました。

何年も続くトレーニングと馬とのコンビネーションによりトロフィー用の棚が埋め尽くされました。
息子のトンとニッキー・デ スワートは父親であるヨスの熱意にほだされて、多くの試合に参加し、地域や国内の試合で成績を残しました。

トンは17歳で学校を卒業後、自分がやりたいことは、自分の商社を持つことだと自覚しました。当時溶接工であったヨスは2頭の馬を売り、息子の上司として最初の事業を始めました。
ノコギリ、ドリル、溶接機を買い揃え、馬に情熱を注ぐ人達のために厩舎を作る準備を始めました。

最初の数年間は苦労の多い日々でした。
トンは厩舎の販売に焦点を当てて、ヨスは生産部門を主導しました。
小さな会社だったので、クライアントごとに種類の違う厩舎を完成させるのはとても難しかったのです。
当時、安定的な厩舎事業の傍で時々ホースウォーカーを作りましたが、需要のある製品ではありませんでした。
価格は高く、一般の馬を持っている人達にとってホースウォーカーは高額過ぎたのでした。
大きな乗馬学校やプロの厩舎だけがホースウォーカーを取り入れることができました。

その頃、息子のニッキーが就学し二人の中に加わり、一緒にホースウォーカーのデザインを考えました。
ヨスは長年、他のデバイスと同じようなplug-and-play(プラグに挿せば動く)対応のホースウォーカーを作りたいと考えていました。
そしてモデルはモジュール式でシンプルなものに改良されました。
また、生産量が増えれば、より低価格で、より多くの人に買い求めやすくなると考えました。

最初の試作品を作り、ホースウォーカーがやっと形になりました。そして、次のステップは会社名を決めることでした。
週末、家族会議をしていくつかの候補を挙げ、印象的な名前を熟考し、最終的にMolenkoning (ホースウォーカーの王様)という名前になりました。–大胆で思い切った名前でしたが、気に入っています。
そしてその週末、ニッキーはウェブサイトを立ち上げ、トンは馬術関係の新聞に広告を出しました。
次の週にはホースウォーカーが3機売れました。黄金を発掘したのです!
彼らは次に何が起こるのか想像もできませんでした。

その後数年間で、モーレンコーニングはホースウォーカー、ウォーカーフェンス、屋根といった分野で世界的なマーケットリーダとなりました。
今日まで、モーレンコーニングの使命は競争力のある価格設定で最高品質のホースウォーカーを作ることです。
モーレンコーニングのエクササイズマシンは完璧なDIYキットであり、類い稀なものです。–私達が説明しなくても実感していただけるでしょう。
お客様からの声をお読みください。:

クリック!

モーレンコーニング: 父親と二人の息子の 物語

ヨス・デ スワートは深く馬を愛する人でした。
彼が18歳の時に初めて自分の馬を持ちました。それは家族からの影響ではなく、動物が自分に語りかけてきたからでした。
彼は真っ先に心を奪われた、ダッチハーネスホースを知りました。

何年も続くトレーニングと馬とのコンビネーションによりトロフィー用の棚が埋め尽くされました。
息子のトンとニッキー・デ スワートは父親であるヨスの熱意にほだされて、多くの試合に参加し、地域や国内の試合で成績を残しました。

トンは17歳で学校を卒業後、自分がやりたいことは、自分の商社を持つことだと自覚しました。当時溶接工であったヨスは2頭の馬を売り、息子の上司として最初の事業を始めました。
ノコギリ、ドリル、溶接機を買い揃え、馬に情熱を注ぐ人達のために厩舎を作る準備を始めました。

最初の数年間は苦労の多い日々でした。
トンは厩舎の販売に焦点を当てて、ヨスは生産部門を主導しました。
小さな会社だったので、クライアントごとに種類の違う厩舎を完成させるのはとても難しかったのです。
当時、安定的な厩舎事業の傍で時々ホースウォーカーを作りましたが、需要のある製品ではありませんでした。
価格は高く、一般の馬を持っている人達にとってホースウォーカーは高額過ぎたのでした。
大きな乗馬学校やプロの厩舎だけがホースウォーカーを取り入れることができました。

その頃、息子のニッキーが就学し二人の中に加わり、一緒にホースウォーカーのデザインを考えました。
ヨスは長年、他のデバイスと同じようなplug-and-play(プラグに挿せば動く)対応のホースウォーカーを作りたいと考えていました。
そしてモデルはモジュール式でシンプルなものに改良されました。
また、生産量が増えれば、より低価格で、より多くの人に買い求めやすくなると考えました。

最初の試作品を作り、ホースウォーカーがやっと形になりました。そして、次のステップは会社名を決めることでした。
週末、家族会議をしていくつかの候補を挙げ、印象的な名前を熟考し、最終的にMolenkoning (ホースウォーカーの王様)という名前になりました。–大胆で思い切った名前でしたが、気に入っています。
そしてその週末、ニッキーはウェブサイトを立ち上げ、トンは馬術関係の新聞に広告を出しました。
次の週にはホースウォーカーが3機売れました。黄金を発掘したのです!
彼らは次に何が起こるのか想像もできませんでした。

その後数年間で、モーレンコーニングはホースウォーカー、ウォーカーフェンス、屋根といった分野で世界的なマーケットリーダとなりました。
今日まで、モーレンコーニングの使命は競争力のある価格設定で最高品質のホースウォーカーを作ることです。
モーレンコーニングのエクササイズマシンは完璧なDIYキットであり、類い稀なものです。–私達が説明しなくても実感していただけるでしょう。
お客様からの声をお読みください。:

クリック!